立地は駅からの距離が重要

立地を重視して賃貸住宅を選びたいのであれば、重要になるのが駅からの距離でしょう。駅から近い物件を選んでおけば通勤や通学が楽になるというメリットを得られます。しかし、駅近物件は家賃が高めに設定されているケースが多いので注意が必要です。予算が少ない場合は駅から遠い物件を選ぶ必要があります。その場合は人通りや車通り、街灯の数などを意識しておくのが大切になるでしょう。人通りの多いルートや街灯の数が多いルートは夜間でも安全に帰宅できる可能性が高まります。

間取りは居住人数を基準に選ぶ

間取りを重視して賃貸住宅を選ぶ場合は居住人数を基準にするのが基本です。2人しか居住人数がいないにも関わらず、部屋数の多い賃貸住宅を選んでしまうと生活がしにくくなるだけでなく無駄に家賃も高くなるというリスクがあります。そのため居住人数に合った適切な間取りの賃貸住宅を選ぶのが重要になります。一人暮らしの場合は部屋数が少なくていいので、ワンルームや1K、1DK程度の間取りをメインに賃貸住宅を選ぶのが好ましいと言えます。

複数人で住む場合は設備関係を基準に選ぼう

複数人で住むことを想定している場合は設備面を基準に賃貸住宅を選ぶのが良いかもしれません。例えばバスルームとトイレは別になっている賃貸住宅を選ぶのが好ましいと考えられます。バストイレが別ではない物件を選んでしまうと、同居する人が生活しにくいと感じる可能性が高いので注意が必要です。他にもエアコン完備の賃貸住宅を選ぶのも良いと言えます。複数人で住む場合、エアコンは部屋ごとに設置する必要があるでしょう。一部屋だけでもエアコンを設置してくれていれば、エアコンの購入台数を減らせるというメリットが得られます。

江別の賃貸は、江別やその周辺の町にある古くからの不動産屋で探すことがポイントです。古くから営業されている不動産屋はたくさんの物件情報を扱っています。